専門業者に依頼

結婚式や二次会にはいろいろな手配をしなければなりませんが、専門業者に依頼することによって、すぐに式を開催することが可能となっています。では、どのような業者がいるのか調べておくと良いでしょう。

二次会代行に依頼すれば誰にも負担がかからない

新郎新婦

時間がかからない

昔からある二次会や、最近人気がある1.5次会を開催するには、人数に合う会場を探さなければなりません。また、司会進行や受付などを来客にお願いしなければなりません。そうなると、せっかく高いお金を払ってまで来てくれた方がおもいっきり楽しむことができなくなるので、二次会代行の業者に依頼するのが賢明です。また、結婚式にはウエディングドレスを着ることもできますが、和婚で結婚式を挙げたいと思う方もいることでしょう。そういった場合は、式では和装、二次会でウェディングドレを着用することも可能になっています。

結婚式

クオリティーが高くなる

二次会代行の他にも、結婚式で放映するとお客さんを一気に和ますことができるオープニングムービーや、新郎新婦の出会いなどをドラマ仕立てにしたムービーなどを、業者に依頼することができます。素人が行なうと時間がかかってしまいますが、業者に依頼することによって、スピーディー且つ完成度の高いものを作ることができるでしょう。

選ばれる会場ランキング

男性と女性
no.1

アクセスのしやすさ

家族や親せき、友達は自宅の近くに住んでいる方ばかりではなく遠方からわざわざお祝いにかけつけてくれる方もいます。そういった方たちのことを考えて空港や駅に近い会場を見つけると良いでしょう。

no.2

料理が美味しい

二次会といえば本格的な料理やお酒などを振舞わなければならないので、評判のいいシェフがいる業者に依頼すると良いでしょう。料理が美味しいと自然に笑顔になって会話も弾むので下調べしておくべきです。

no.3

ドレスがレンタルできる

ドレスを自分で購入するとなると高額になってしまいますが、レンタルができれば費用をかけずに済みます。そして、種類が多ければ好みのものを選ぶことができるので、注目しておくと良いでしょう。

利用するには

二次会に使うための会場を予約するには、5つの手順を踏まなければなりません。どのようにすればいいか知っておくと、スムーズに手配することが可能になるのです。

会場を予約するまで

ブーケ

査定をする

会場が行なっているプランを取り入れれば取り入れるほど高額になるので、まずは査定をすると良いでしょう。また、ネットから簡単に調べることができるので、気軽に問い合わせてみるといいかもしれません。

見学

サイトには会場の外観や内観、料理などが画像で公開されていますが、実際に行ってみないと分からないこともあります。ですので、感覚を掴むためにも時間がある時に足を運んでみると良いでしょう。

決定

会場が決まると先に内金を納めなければならない場合もあるので、期日までに振り込みを済ませておくと良いでしょう。それが確認されたらメールか電話で知らせてくれるので、次に進むことができます。

打ち合わせ

料理にも和風や洋風のものがありますし、進行をするにしても余興を楽しむための時間の割り振りなどをしなくてはなりません。ですので、スタッフとしっかり打ち合わせをして本番を迎えると良いでしょう。

人数を決める

場合によっては参加するはずの方が、都合により来られなくなる可能性があります。反対に、欠席予定だった方が参加するなど人数の変動があるので、当日の14日前には確定しておくと、気持ちよく当日を迎えられます。

[PR]
結婚式を挙げるなら1.5次会が人気!
コストを抑えた結婚式